お知らせ
お知らせ
作成日:2018/10/11
労働条件の通知がメールでも可能に〜2019年4月から



厚生労働省が、労働条件の通知方法を、書面だけでなく電子メールなどでも可能にすると報じられました。労働基準法に基づく省令を改正し、2019年4月から適用する方針です。

 

労働条件の通知書は、労働契約を交わす際に使用者が労働者に提示することが労働基準法に規定されています。提示方法については「事項が明らかとなる書面」とされており、違反すれば罰則もあります。

 

厚生労働省は、これを電子メールやファクスなどでも可能にします。受け取った労働者が文書やメールに添付されたファイルを印刷して、そのまま書面化できるものに限ることとします。

 

ただし、希望した労働者だけに限った措置とし、労働者が電子メールなどでの受け取りを拒む場合には、これまで通り書面で交付する必要があるとします。

実務的にはあまり変わりがあるとは思われませんが、通知が早くできるという事で、使用者・労働者双方に利便性が増すという事でしょうか・・・?
メールで労働条件等について適切に説明できるかな?大切な社員を雇用しようとしているのに・・・???

 


お問合せ
澤社会保険労務士事務所
〒166-0016
東京都杉並区成田西
2-10-13-103
 
 
有期雇用労働者の無期転換ポータルサイト