お知らせ
お知らせ
作成日:2018/05/29
「入社した会社が第一志望」初の8割越え(2018年度新入社員春の意識調査:日本生産性本部)



 日本生産性本部は、新入社員の意識調査を実施し、結果を取りまとめ公表しました。
調査対象は、2018年春にい実施した新入社員向けの研修参加者(有効回答1,914件)

 【ポイント】
・「あなたにとって、今の会社は第何志望でしたか?」・・・
 「第一志望」が4年連続で上昇し80.6%で、1997年の設問開始以来過去最高に
「自分のキャリアプランに反する仕事を、我慢して続けるのは無意味だ」・・・
 「そう思う」が38.0%で、6年連続増加傾向となり2006年の設問依頼過去最高に
「残業が少なく、平日でも自分の時間を持て、趣味などに時間が使える職場」を望む回答が
 75.9%で、1998年の設問開始以来過去最高に

詳細は ⇒ 2018年度新入社員 春の意識調査(日本生産性本部).pdf

若手従業員の仕事に対する意識を知るには、参考になる調査資料だと思います。ぜひ、ご一読ください。


お問合せ
澤社会保険労務士事務所
〒166-0016
東京都杉並区成田西
2-10-13-103
 
 
有期雇用労働者の無期転換ポータルサイト