お知らせ
お知らせ
作成日:2018/02/02
「モデル就業規則」が最新版(平成30年1月版)に改定されました



 厚生労働省では、「働き方改革実行計画」を踏まえ、副業・兼業解禁の準備を進めていましたが(当HP11月21日「お知らせ」)、1月30日正式に「副業・兼業への促進に関するガイドライン」および改定した「モデル就業規則」を公開しました。

 今回の「モデル就業規則」の改定では、副業・兼業に関する規定が改定されただけでなく、ハラスメント禁止規定の新設、採用内定や人事異動に関する記載の追加なども行われています。

 <新設>
 ・第14条  マタニティハラスメント等の禁止規定を新設
 ・第15条  そのたのハラスメントの禁止規定を新設
 ・第67条  副業・兼業に関する規定の新設
 <修正>
 ・第7条   記載採用内定に関する記載を追加
 ・第8条   人事異動について育児介護法の配慮義務を記載
 ・第17条  労働時間の「適正把握基準」を「適正把握ガイドライン」に修正
 ・第19条  手持ち時間の記載を「適正把握ガイドライン」に記載に合わせ修正
 ・33条   配偶者手当を削除し、検討における留意点を記載

 人事総務担当の方はぜひ確認をお願いします。

 ご参考 ⇒ モデル就業規則の改定概要.pdf 

 詳細はhttp://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/zigyonushi/model/index.html

 「副業・兼業への促進に関するガイドライン」はこちら
 ⇒ 副業・兼業の促進に関するガイドライン.pdf





お問合せ
澤社会保険労務士事務所
〒166-0016
東京都杉並区成田西
2-10-13-103
 
 
有期雇用労働者の無期転換ポータルサイト