お知らせ
お知らせ
作成日:2017/12/22
パワハラ対策・・・効果があるのは?



 再度、パワハラについてですが
皆さん、ご存知でしたか?都道府県労働局等に設置されている「総合労働相談コーナー」に
寄せられる「いじめ、嫌がらせ」に関する相談が、全体の中でトップだという事を。
 28年度は年間に70,917件、相談内容全体の22.8%を占めています。
「当社に限っては」とか「当社ではありえない」とか、大丈夫ですか???
 
パワハラ対策として、予防・解決に向けた取組をしている企業は52.2%
特に、従業員99人以下の企業においては26.0%と3割を下回っています。
パワハラのリスクについて、気が付いていないのでしょうか?心配です・・・

 ちなみに、予防や解決に向けた取組を実施している企業で、実施率の高い取組は
1.相談窓口を設置(82.9%)
2.管理職向けの講演や研修(63.4%)
3.就業規則などの社内規程に盛り込む(61.1%)

 また、上記の取組で効果を実感した比率が最も高いのは
「管理職を対象にパワーハラスメントについての講演や研修を実施した」で、実施企業の
74.2%で効果を実感しています。
 次いで、「一般社員を対象にパワーハラスメントについての講演や研修を実施した」も
69.6%の企業が効果ありとしています。


 当事務所でも、パワハラ研修等のお手伝いは承っていますが
まずは、当HPにもリンクを貼ってある「パワーハラスメント オンライン講座」を全従業員に受講させてみてはいかがでしょうか?

 詳細は ⇒ http://no-pawahara.mhlw.go.jp/foundation/statistics/


お問合せ
澤社会保険労務士事務所
〒166-0016
東京都杉並区成田西
2-10-13-103
 
 
有期雇用労働者の無期転換ポータルサイト