お知らせ
お知らせ
作成日:2017/11/04
平成29年「高年齢者の雇用状況」集計結果



10月27日、厚生労働省から平成29年6月1日現在の「高年齢者の雇用状況」の報告結果が
公表されました。

概要は以下のとおりです
・「65歳定年」は・・・                   15.3%(0.4ポイント増)
・「66歳以上定年」は・・・                 1.8%(0.7ポイント増)
・「定年制の廃止」は・・・                  2.6%(0.1ポイント減)
・「66歳以上希望者全員の継続雇用制度」は・・・   5.7%(0.8ポイント増)
・「70歳以上まで働ける企業」は・・・          22.6%(1.4ポイント増)

各企業において、人手不足感が強くなってきていることが影響しているのか?

こんな助成金も企業を後押ししているかもしれません。 ⇒ 65歳超継続雇用推進助成金

いよいよ、高年齢者に活躍をしてもらわなければいけない時代のようです。
とは言いながら私自身は、今日現在65歳ですが自分では高年齢者だとは思っていません。
日本でもそろそろ、年齢で区別する定年制は、もうやめにしたほうがいいのではないかと思います。
65歳になろうと70歳になろうと、現役でバリバリ働いている人は大勢いるのですから。

参考 ⇒ 平成29年「高年齢者の雇用状況」 



お問合せ
澤社会保険労務士事務所
〒166-0016
東京都杉並区成田西
2-10-13-103
 
 
有期雇用労働者の無期転換ポータルサイト